人生ゲーム

備忘録的な何か。人生はある種のゲーム

最近、広告コピーにハマってるという話。

どーも、りょーです。

最近ハマっているものがあるんです。まぁタイトルでも言ってるんですけど、一応言いますね。

 

それは、広告コピーです。

 

電車に乗ってると貼ってある広告や、CMでよく見るやつ。

はい。あれです。

 

なんで広告コピーにハマったのかというと、最近マーケティングの仕事を始めたんですよ。マーケティングって広告に携わる事が多いじゃないですか。

でも広告作りって案外難しくって、他の広告はどうやって作られているんだろうって色々な広告を見るようになったのがきっかけですね。

 

そうやっていろんな広告をみているうちに、その魅力に惹きつけられちゃって。

 

例えばこのコピー。

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/2/1/213891/563/600x226x9e80bc64b55eeb0663d27430.jpg

試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

 

ルミネの名コピー。服を選ぶという一つの行為も、恋をしている時には一大事。

 

試着室の中で、この服着てたらあの人はどう思うかな。とふと思い出す瞬間を切り取ったコピー。

このコピーは、今恋をしている人、過去に恋をしている人の心を強く揺さ振るんだろおうなと。

 

大概のコピーは、共感を誘うために恋愛を取り上げるけれど、商品を買うという行動には移されない。

そんな中このコピーは、恋愛で共感を誘いつつ、20文字の中にちゃんとファッションを入れている。

 

単なる詩的なコピーじゃなくて、キャッチコピーとしてちゃんと練られてる。

 

なんと美しいコピーだと思ったわけです。それはもうマリリンモンローのように。

いや、それは言いすぎた。

 

こんな洗練されたコピーを書いてみたいのだけれど、まだまだ作れません。

まぁ練習あるのみですね。

 

まぁ何が言いたいかというと、いいコピーを見つけると試着室の中でも思い出すので、

コピーに恋してます。

 

macbookカバーをつけるメリット・デメリット【トイレでも冷たくない!】

僕は macbook を使い始めてもう3年半になるんですけど、最近やっとカバーを購入しました。なんでわざわざカバーを買ったのかというとステッカーが貼りたかったから。いや、別にmacに直接貼ってもよかったんですけどね、飽きた時剥がすのめんどくさいじゃん!ってことで買いました。そしたらこのカバー案外使い勝手がいい!!これはシェアしたいと思って、今回はmac book カバーのメリット・デメリットを書こうかなって思います。

自己啓蒙でもなんでもないんですけど、どうしてもシェアしたかったから僕、書きます。

 

メリット1. macbookが傷から守られる

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pp816IMGL1083_TP_V1.jpg

 

これはもう当たり前なんですが、カバーをつけるとmacbookが傷から守られるというものですね。せっかく買った macbook だから綺麗に使っていたいじゃないですか。傷つくとショックですし。僕は今更カバー買ったから macbook 本体には結構傷ついちゃってるんですけどね。

最近、macbook を買ったとかならカバーつけてあげてください。僕は少し遅かった..。

 

 

メリット2. ステッカーを貼って自分色にできる。

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/09/09/18/supreme-1245721__480.jpg

 

僕の中ではこれは最大の利点だと思ってます!周りの人のmacbookをみてるとみんなステッカーペタペタと貼っている。僕も貼りたいんですけど、剥がす時のこととか考えるとやっぱり勇気出なかったんですよね。でもどうしてもペタペタしたい!ってことでカバーを買いました。カバー本体は2000円くらいだったから、ステッカーに飽きたら新しいカバーを買えばいいだけってのは心強い!

 

 

メリット3.トイレに持ち込んでも冷たくない

https://image.shutterstock.com/image-vector/funny-wc-door-plate-symbols-260nw-716679316.jpg

これが一番伝えたかったことです !

いや、トイレに持ち込まないのが普通なんですけどね。トイレに持ち込むって人は僕だけじゃないはず。僕だけなのかな..。

カバーつけずにトイレで使用すると太ももの上にmac乗せた時冷たいんですよねぇ。

冷たいってわかっていながらも集中していたりするとトイレに持って行っちゃったりするんですよ。んで、毎回「冷た!!」ってなる..。夏ならまだいいんだけど冬場なんか特にね。

 

だからカバーを買って初めてトイレに持ち込んだ時、あれを出すのも忘れるくらい衝撃でした。冷たくない!!って。

だからトイレに持ち込んでも冷たくないってのは僕的にかなり利点でした。

 

今思ったんだけどトイレで使う時じゃなくて、短パン履いてる時とかでよかった気がする。

 

デメリット1.重くなった気がする。

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/06/12/20/15/sports-1452965__480.jpg

自分の使っているのはmacbook pro 2015 なので、もともと重かったんですけど、ケースをつけたらさらに重くなったように感じました。僕はいつもノートパソコンを持ち歩くので、これは少し辛い..。

 

 

デメリット2.見る人によってはダサいかも?

僕はまったく気にしてないんですけど、カバーの色によってはちょっとダサいし、アップル本来のシンプルっていうデザイン性がなくなっちゃうからデザインで考えたらケースバイケースですね。

 

 まとめ

今回は macbook にカバーをつけるメリットデメリットでした。どうしてもこの記事が書きたかっただけなんですけど、少しでもメリット・デメリットが伝われば嬉しいです。

海外のお正月をまとめてみました!バリ島の正月は1月1日じゃない!?

明けましておめでとうございます!2019年になりましたね。今年の干支は「亥」です。

それと、昨日は平成最後の大晦日でしたね。みんな平成最後を言い過ぎだとも思いますが。。(笑)

 

さぁ今日は元旦です!大晦日の次は、元旦です!元旦はどのように過ごしますか?

初詣行ったり、おせちやお雑煮などの正月料理食べたり、寝正月したり。お正月の用意で忙しくなっちゃったりというのもありますね!日本には正月をお祝いする文化があります。では、海外はどうなのでしょうか?

今回の記事は日本、アメリカ、バリ島のお正月をまとめてみました!

正月を海外で過ごすのもありかも!と思えてもらえたら幸いです。

 

 

日本でいうお正月とは?

お正月とは本来、歳神様をお迎えする行事で、1月の別名でもあります。

歳神様は1年の始めに新年の幸福をもたらすために各家庭に訪れるとされています。その神様を迎え入れてたくさんの幸せをもたらしてもらうために色々な行事を行うのですね!

 

f:id:ryo_kun10i:20190109005527p:plain


 

 元日と元旦の違いは?

そーいえば元日と元旦っていう言い方がありますね。両方よく聞くし、字も似てるし、この違いって何?って思っちゃいます。

簡単にいうと、元日っていうのは1年の最初の日のことで、1月1日のことです。

元旦っていうのは1月1日の初日の出のことです。

元旦の「旦」という字の作りが地平線から日が出てきているのをイメージするとわかりやすいですね。

 

元日は何するの?

元日は、前日に用意したお正月料理を食べ、寺や神社に初詣に行って新年の健康と幸福を祈り、家族や親族と静かに過ごすのが一般的ですね。

 

 

アメリカの新年は?

新年を迎えた1月1日は英語で「New Year's Day」といい、祝日です。

祝日なのであんまりお店は空いていません。

実は、アメリカでは新年を迎えたからといって「何か特別なこと」をする訳ではないみたいです。年があけたら、あとは何もないんですね....

 

アメリカで重要なのは大晦日

じゃー本当に何もしないのかと言ったらそんなことはありません。

アメリカの「New Year's Eve(晦日)」では、年越しに欠かせない「カウントダウンライブ」があります!!

アメリカのカウントダウンライブで一番有名なのはニューヨークにある Times Squareタイムズスクエア)じゃないでしょうか。毎年約100万人が参加するみたいです。

タイムズスクエアではゲストアーティストが出演するライブがあって、ライブで盛り上がり、カウントダウンをして年明けを祝います。

 

 

 

 

 

カウントダウンの時はみんな何するの?

アメリカのカウントダウンは60秒のカウントダウン後にハッピーニューイヤー!と叫びますね。アメリカでは、新年を迎えたら最愛の人とキスをするといい年明けになると言われていて、カップルや夫婦で参加の人は「3、2、1、で、ちゅー!」ってします。

アメリカならではって感じですね!楽しそうです。

 

 

 バリ島での新年は?

 

バリ島では1月1日は何もしません。なぜかというとバリ島での新年が1月1日ではないんです!! え、どういうこと...

バリ島では新年のことを「ニュピ」といって、2018年度のニュピは、3月17日(土曜日)でした。

 

ニュピってなに?

ニュピっていうのは、毎年3月頃に行われるバリ島のお正月です。

別名を静寂の日と言われていて、ニュピは異教徒や外国人を含めてバリ島にいる全ての人が外出禁止。さらに、電気の使用も制限され、お店やレストランなども全面休業です。まぁお客さんが来ないんだから当然ですね...

ニュピ前日には、オゴオゴと呼ばれるお祭りがあります。日本でいう大晦日のお祭りって感じですね。オゴオゴでは悪霊を担ぎ、町中を練り歩くというのがメインです。オゴオゴでは町中大騒ぎなのですが、ニュピ当日はバリ島中がパタリと静かになります。本当に静かです。

僕も実際にニュピ当日にバリ島にいたのですが、本当に風に吹かれる葉音や虫の鳴き声、犬の鳴き声などといった自然音だけが聞こえて来ます。夜空にはプラネタリウム並みの星が輝き、それに自然音が交わり神秘的な体験をしているかのようでした。本当に1空の端から端まで星空で、息を飲むような美しさでした!

 

 

f:id:ryo_kun10i:20190109005558p:plain

 

これはニュピ前夜の写真。この担がれてる怖いやつが悪霊ですね。

なんの為のニュピ?

ニュピはバリヒンドゥー教の神様が大掃除を行う期間で、悪霊たちが地上に這い出てくると言われています。彼らが地上で悪さをしないようにバリ島各地で悪霊払いの儀式を行い、ニュピ当日は悪霊が完全に去るのを静かに待つのだそうです。

 

 

まとめ

1月1日、日本にはお正月という文化があり、新年を祝いますね。日本のお正月は歳神様を迎え入れる為の行事でした。アメリカではお正月は特に何をするわけでもないのですが、大晦日はカウントダウンで盛り上がりました。僕の行っていたバリ島での新年は1月ではなく3月で、外出せずに静かに過ごすということがわかりました。

世界には色々なお正月の過ごし方があります!日本で新年を迎えるのもいいけど、海外で新年を迎えるのも楽しいかもしれません。バリ島の新年は3月でしたね。3月なら1月よりも忙しくないし、日本にいてもこんな体験はなかなかできないので、あなたも一度ニュピにバリ島を訪れてみるのはいかがでしょうか。

 

 

【懐疑論を考える。】私たちの世界(宇宙)は現実なのか仮想現実なのか。

f:id:ryo_kun10i:20190109004903p:plain
 

How would you know the difference between the dream world and the real world?(夢の世界と現実の世界の違いはどうやったらわかるだろうか?)- 映画『マトリックス』より。

本記事は学術的なものも少し扱っているが、ただの日記である。

 

 

 この物理世界は現実なのか否か

私たちが生きてるこの世界が実は現実ではなく、ゲームのように情報出力によってなる仮想現実だったらどう思うだろう?実は他に物理世界があり私たちが現実だと思い込んでるものがただのシュミレーションだったら?面白い?怖い?何言ってるかわからない?頭おかしい?

 

しかし、私たちが生きているこの世界が仮想現実であるという可能性はほぼ100%であると言われている。

実はこの仮説は古くから唱えられていたが、最近になり注目されたのはイーロン・マスク氏の発言によるものだろう。(「宇宙が実はシュミレーションである」という考え方は、スウェーデン人哲学者のニック・ボストロム教授が提唱したもの。)

 

私たちが今生きている現実がバーチャルリアリティーではないという可能性はどのくらいだろうか?

マスク氏は「私たちの住んでる社会がバーチャルリアリティーではないという可能性は100万分の1にすぎない」と述べた。

そして、ゲームを例にこう説明した。「40年前には白黒でドットだったゲームが、現在では現実とほとんど見分けがつかない映像になっているほか、VRゴーグルなどでゲームの世界に入り何人もの人が同時にプレイしている。しかも、その性能は年々向上を続けている」と。「では、1万年後の世界はどのような状況になっているだろうか」と。

 

 

 

この世界が仮想現実であるという証明式の動画は後ほど張るが、その前に事前知識を入れておこう。

実はこの仮説には二つの実在論が存在していて、「物理的実在論」と「量子的実在論」だ。

 

物理的実在論

物理的実在論とは、物や対象は常にそこに存在し、私たちが観測してない時でも常にそこに存在している。つまりは私たちの存在している空間は現実だというものだ。

例えば、家に勉強机があるとして、その机は自分がいてもいなくても家にあってそこに存在するというということだ。

 

量子的実在論

量子的実在論とは、物や対象は普段そこに存在していないが、私たちが観測している状態ならそこに存在する。つまり私たちが存在している空間は仮想現実だというものだ。

例えば、ps4などのゲームで自分の操作するキャラクターが街を歩くと街が広がっていく?(表現が難しい。)感じを想像してもらうとわかりやすいのではないか。

イクラで世界が生成されて行く感じだ。

 

 

物理的実在論では、この世界は現実で、そこに単体で存在していると考える。

それに対し、量子的実在論では、ゲームと同じように宇宙が何者かによってプログラミングされていて、この世界はシュミレーションであると考える。

 

 

二重スリット実験:

二重スリット実験によって、量子的実在論を証明されている。

二重スリット実験は、一定の動きをするはずの電子(小さな粒子)はただ観測(観測者の意識)するという行為が加わっただけで観測前とは違う振る舞いをするというもの。

 

www.youtube.com

 

 

 と、まぁ電子の動きは普段一定なのに観測者が観測を行った瞬間に動きが変わるという、なんとも奇怪な現象だ。(観測者効果)

 

仮想現実であることを示す証明式

 量子的実在論において、この観測者効果は、ゲーム内の環境のように、そこに視点を向けた瞬間に現れる(動きが変わる)ことを示唆している。

他にも、仮想現実は仮想時間の影響下にあるというもなどがある。ゲームなどをプレイしているとわかるが、コンピューターの負荷が大きすぎると、動作が重くなる。するとゲーム内の時間の流れもゆっくりになるのだ。

 

もし、秒速30kmのロケットを打ち上げ、ロケットが秒速30kmの速度に達した瞬間、時間は停止するのだ。そして、秒速30kmのロケットはフライト中の時間が停止している間、50億後年離れた銀河まで一瞬で旅をすることが可能ということになる。

このフライト中の宇宙船の時間が停止している間、地球では50億年の時が流れている計算になる。

 速度や大きな質量の側で時間が遅くなるという事実は、世界が仮想現実であることを示唆している。

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

今回の記事は、この二重スリット実験の現象を証明すると量子的実在論が証明されるから、この世界は情報出力によってなる仮想現実で、実際の世界は別にあると考える以外ありえないというものだった。

もちろんこれはあくまで仮説である。だから、まだ真実と決まった訳ではないし、仮想現実だから適当に生きろというものでもない。ただ、私たちの世界(宇宙)が現実なのか仮想現実なのかを考える価値はあると僕は考える。それに、もしこのことが真実ならこの世界の既存の概念は覆され、私たちの人生は大きく変わるだろう。それはそれで面白いのではないか。